トッピクス


2021.4.23

○今年度の指標利率をお知らせします。

*2021.4.1〜2022.3.31 の指標利率:1.5%(昨年度と変わりません)


○長期休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、4月29日(木)〜5月9日(日)の間、長期休暇とさせていただきます。皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご了承願います。


2020.10.9

ライフプランシート作成サービス  今年度の展開対象者をお知らせします。

2020年度は以下の対象者にご案内を送付いたします。

*1961年4月1日〜1962年3月31日生まれの加入者:59歳到達者

*1965年4月1日〜1966年3月31日生まれの加入者:55歳到達者


2020.4.6

○今年度の指標利率をお知らせします

*2020.4.1〜2021.3.31の指標利率:1.5%(昨年度と変わりません)


2019.10.11

○年金を受給中または受給開始をお待ちの皆様へ

旧厚生年金基金から引き継いだ年金(基本上乗せ分)の選択変更について、対象の方へ順次ご案内を送付しております。ご不明な点は当基金にご連絡ください。


2018.9.7

○年金受給者様へ 現況確認方法変更のお知らせ

年金受給者の皆さまには年金を引き続き受給いただくため、毎年、誕生月に「現況届」をご提出いただき、生存していること(現況)を確認させていただいておりました。

2018年10月より受給者の皆さまの負担軽減を目的として、現況確認の方法を、これまでの「現況届」から「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」を利用する方法へ変更いたします。

変更後は、「現況届」を原則廃止とし、当基金において住基ネットにより皆さまの現況を確認のうえ、年金のお支払を継続させていただきます。

なお、今回の変更に際し、受給者の皆さまにてお手続いただくことは何もございません。

※「住基ネット」による現況確認の方法は法律で認められており、国の年金業務においては既に導入されています。

※海外在住の方など、住基ネットで現況確認ができない方につきましては、これまでどおり現況届にて確認させていただく場合がございます。


2016.4.15

○年金受給者様へ  マイナンバー(個人番号)の取得について

企業年金においては、2016年1月以降の支払に係る源泉徴収票等へマイナンバー(個人番号)を記載することが義務づけられています。

当基金では、受給者様の送付事務負担等を勘案し『企業年金連合会を通じて、地方公共団体情報システム機構からマイナンバーを受領すること』といたしました。


「企業年金連合会」とは
主に、企業年金制度を短期間で脱退した方に対する年金給付を一元的に行い、企業年金間の 通算事業を行っている公的機関です。
マイナンバー収集業務を企業年金連合会に委託することは、法令によって認められています。